SEO

サイト・記事の「画像」ってSEOに関係あるのかな?

画像とSEO

SEOに関して感度の高い方なら
「サイト・記事内の画像がSEOに影響するかも?」っていう話は
少しくらいは小耳にはさんだことがあるかもしれませんね。

実際、画像がSEOの効果に関係しているのか?ってことになると
もちろん、Googleの中の人じゃないんで断定はできませんが
個人的な経験則としては

「昨今のSEOにおいて、画像はまずまず影響する」というのが結論になります。

もうちょっとだけ丁寧に言えば
「Googleは画像のオリジナリティーを求めている」というのが正確かもしれません。

では、画像のオリジナリティーと、SEOへの効果について
現状の考えをつらつらとお伝えしていきますね。

無料の便利な画像加工ソフトもご紹介しますので
よかったら最後までご覧ください。

画像が本当にSEO効果に影響している?

さて、まずはじめに
「そもそも画像がSEOに関係しているのか?」、
もっと端的に言えば「検索順位に関係しているのか?」という点について
2つの実例をお示ししてみたいと思います。
画像とSEOの変化
まず、上の方の画像のサイトですが、
検索上位にいたものの、急に順位が低下し始めました。

そこで4/17にサイトのトップの画像をオリジナルなものに変更したところ
翌々日の4/19には上位に戻った、という例です。

そして、もう一方の下の画像のサイトは、
ずっと「圏内、圏外」の行ったり来たりをくり返して乱高下していたサイトです。

そのトップの画像を4/6に「加工処理」したところ、
4/11から比較的上位で安定するようになった、という例ですね。

つまり、画像の変更や加工で
順位アップはもちろん、順位不安定なサイトが
息を吹き返すこともあるってことです。

もちろん「偶然じゃないの?」という感想をお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
私自身も「百発百中、画像を変えれば何とかなる!」とは申しません。

ただ、こうした傾向を示すサイトはこの2例以外にも相当数確認できていますし、
必ずしも「偶然」では片づけられないほどの意味を感じています。

ここでの画像の「変更」とか「加工」という表現ですが、
その目的は、画像を他のサイトにはないもの、
つまり、自分のサイトのオリジナルの画像にする、ということだと思ってください。

Googleはオリジナルな画像を求めている

「画像がSEO、サイトの評価に影響している」ということについては、
早い時期から「Googleはオリジナルの画像を高く評価しやすいのではないか?」
という仮説を持っていました。

というのも、昨今のスマホでの検索画面には
サイト内の画像がサムネイルとして表示されることがありますよね?

【サムネイル画像の一例】
検索結果のサムネイル画像

で、Googleとしては、このサムネイル画像についても
ある程度のバラエティー(多彩さ)を求めているのではないか?と。

多くのアフィリエイターたちが商材のLPから画像をキャプチャしたり、
広告主が提供してくれた商材写真などをそのまま使ったりしてるわけですよね。

また、商材写真以外でも
人物写真などは著作権フリーの無料素材を使ってたりして、
そういう意味では、画像のオリジナリティーは決して高くないんです。

Googleとしては、おんなじ商品画像ばかりサムネイルに並べるのは脳がないし、
オリジナルの画像が少ないってことは、コンテンツそのものも
オリジナリティーが低いんじゃないか、と判断しても不思議ではないんですよね。

だから、特にサムネイルになりそうな
記事の上部の画像については、オリジナリティーが高い方がよくない?って思ったわけです。

オリジナルの画像なんてないんだけど

で、記事の画像はオリジナルがいい、と仮定した場合なんですが、
そうそうオリジナルの画像なんてないわけです。

頭を抱える

当然、実際に商品を購入したり広告主から商品提供を受けたりして
独自のレビュー画像(いわゆる、袋開け画像とか)を用意できればベストなんですけれど、
全ての商材に関してそれをやろうとしても現実的にも難しい面は多いですよね。

じゃあ、オリジナルって何なんだ?と。

ありものの画像に様々な加工を加えたり、
複数の写真を結合させてみたり、
画像の中に文字を入れてみたり、

要は、他のサイトにはない画像を作っちゃえばいいわけですよね。

特に最近は「GoogleはAIで画像の文字も読んでいる」なんて説もあります。

まぁ、技術的には簡単なことでしょうけれど
実際に、それを読み取ってSEOの要素としてとらえているかどうかはわかりません。

でも、文字を入れることで
簡単にオリジナル画像ができちゃうことに間違いはありませんよね。

で、画像のオリジナル化によるSEO効果は本当か?

ここまで、画像とSEO効果についてお話してきましたが、
「画像を変えれば順位が上がる」などとは断定できるものではありません。

Googleがサイトの順位を決めるためのアルゴリズムの要素は
200以上あるといわれています。

画像が順位決定の要素に含まれているとしても、
それだけで順位決定が行われるわけではありませんから
画像さえ変えれば何とかなる、などという短絡的な発想に走ってはいけませんね。

ただ・・・
コンテンツもしっかり書いた、
タイトルも、見出しも、内部リンクも、外部リンクも
出来る限りの手は打ってきたけれど、いまひとつ順位が上がらない、安定しない・・・

そんな時には、ぜひ試してみていただきたいのが画像のチューニングだし、
上記のように効果が表れることも多々あるので、やってみる価値はあると思うんです。

なにせ、特別なコストがかかるわけじゃないですからね。

無料、お手軽、使いやすい画像加工ソフト

ということで、オリジナルの画像を作るために
画像の加工ソフトが必要になりますが、
個人的におススメな無料ソフトが「Photo Scape」です。

Photoscape

フォトスケープ

下の画像のように、複数の画像の結合や、
タイル画像の作成、フレームをつけたり
もちろん、文字入れもあらゆるデザインで可能です。

タイル画像

結合画像

無料で、しかも、説明書を読まなくても

ほぼ感覚的にさくさくと使えてしまうのがすごくいいな、と思っています。

もちろん、今使っているお気に入りのソフトがあればそれで十分なんですが、
もし、画像加工ソフトを無料で探しているなら是非お勧めしたいと思います。

ということで、この記事はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

  1. スキャットマンやAZセルフSEOは「訳ありサイト」のインデックス…
  2. ペナルティーレッドカード ペナったサイトを効率よく復活させる方法
  3. fileover SEOチェキで「ファイルのサイズが大き過ぎます」って出ちゃったら…
  4. CワードQ&A 「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&#…
  5. SXO SXOの時代だから「被リンクSEO」は意味がない!?
  6. CワードとPSW CワードとPSW(パーフェクトサテライトライター)はどう違う?使…
  7. ノートパソコン 「Cワード」共起語文章作成ソフトってどんな時に使うの?
  8. バックリンク バックリンク(被リンク)を送るタイミングやペース
PAGE TOP