サービス

サーバーが提供するサブドメインからの被リンクSEOは本当に効果があるのか?

レンタルサーバーサブドメインのSEO効果

さて、こちらの記事は表題にもあるように、レンタルサーバーが提供しているサブドメインから被リンクを受けることは本当にSEO上で効果・メリットがあるのか?を検証しています。

そして、サーバーが提供するサブドメインを利用した「被リンクサービス」もご紹介します。

なので

・そもそも被リンクSEOは、リスキーだし効果がないと思っている
・特に有料の被リンクを買うなんて絶対ペナルティ喰らうやん!と思っている

という方は、残念ですがここでページを閉じていただければと思います。

リンクSEO

ただし、ここでご紹介する以上、この被リンクサービスは「SEO効果が高いし」、もちろんリスクがゼロと断定はできませんが、検索エンジンからペナルティーを喰らうリスクが極めて低いと考えられるものです。

因みにこのサービスを開始して以来の1年間で、ユーザーさんのサイトがペナルティーを受けた例はゼロいうことで、多くのユーザーたちが順位上昇などのSEO効果を実感できているそうです。

私の検証からいっても、この方法なら効果があるのも当然かなって気はしますけれども。

では、サーバーのサブドメインからのリンク効果の実験結果、そして高いSEO効果が見込める、被リンクサービスについてご興味のある方はこの先を読み進めてみてくださいね。

サーバーサブドメインからの被リンクSEO対策サービスとは?

この被リンクサービスの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

・リンク元は、サーバーがユーザーに提供しているサブドメイン

・リンクは買い切りで支払いは1回のみ。月額課金などは一切なし

・一度付けたリンクは、半永久的に削除されることはない

・被リンク1本の価格は4,000円~5,000円

・リンクを付けられる本数は1ドメインに対して最大10本

・ソロモンからお申込みの方だけ【全額返金保証】付き

これが、サービスの概要となります。

一番気になるのは、やっぱり「リンク元」だと思うんですよね。

これは、レンタルサーバー各社がユーザーに提供しているサブドメインからとなります。

・レンタルサーバーのサブドメインって?

これは、ご自分でサーバーを借りてブログやサイトを運営している方ならご存じだと思います。

サーバー各社は、ユーザーが、自分の独自ドメインを用意していなくてもサイトの運営ができるように、サーバー側で貸し出しができるサブドメインを用意しています。
有名なところでは、エックスサーバーの「xserv.jp」とか、さくらサーバーの「sakura.ne.jp」とか、ですね。

さくらサーバーだと60個以上のサブドメインを用意してますし、ロリポップサーバーだとなんと100種類以上のサブドメインを使えます。

サーバーサブドメインの一例
さくらサーバーサブドメイン
ユーザーは、これらのドメインを使って「●●●●.xserv.jp」とか「▲▲▲▲.sakura.ne.jp」みたいなドメインを作って利用することができるわけです。

・レンタルサーバーのサブドメインはパワーがすごい!

で…この、サーバーが提供しているサブドメインたちはドメインパワーがすごいわけです。

ドメインの持っている力(ドメインパワー)はいろんな指標で示すことができますが、もっとも端的に分かる数値といえば「DA(ドメインオーソリティー)」でしょうね。
上図のさくらサーバーの例でも分かるように、各レンタルサーバーが提供するサブドメインのDAは、最低でも30台、中には90に迫る数値を出しているドメインもあります。
参考までに「DR(ドメインレーティング)」も30台~90を超えるものまであり、強力なドメインパワーを持っていることが分かります。

くわしい説明は除きますが、個人が新規のドメインでサイトを立ち上げればDAは「0」からのスタートです。
通常のサイト運営なら、個人レベルで「20」まで上げていくのもなかなか大変でしょう。

しかし、サーバーが提供している強力なサブドメインからリンクを受けることができれば、それらのパワーを「おすそ分け」してもらえて、リンクを受けたサイトのドメインパワーも強力にアップしていくというわけです。

この被リンクサービスは、こうしたサーバー提供のサブドメインに質のよいブログを設置して、そこからあなたのサイトやブログにリンクを送る、というサービスなんです。

リンクを送るブログのサンプルはこんな感じです→ リンク元になるブログのサンプル

これはあくまでサンプルで実際にリンクを送るブログではありませんが、記事の内容も、かなりしっかりと書かれたものですよね。
料金の中には、これらのリンク用記事の作成費や画像の挿入作業も含まれているので、ある意味かなり良心的だといえます。

私は実際にリンクを送るために使われている「エックスサーバー」のドメインを利用した本チャンのブログも見せていただきました。
「被リンク用だからこの程度でいいだろう」といった妥協の一切ない、非常にコンテンツのしっかりとしたブログで驚きました。

【検証報告】サーバーのサブドメインからのリンクは本当にSEO効果があるのか?

さて「レンタルサーバーが提供するサブドメイン」ときいて、「え?それ、もうダメなんじゃ?」と思った方がいるかもしれません。

はい、結論から言いますと、レンタルサーバーのサブドメインでメインサイトを作っても上位表示はほぼ難しいです。

実は2020年、Googleのアップデートの影響で、レンタルサーバーのサブドメインの評価がめちゃめちゃ高くなった時期がありました。
サーバーのサブドメインでサイトを作ると、軒並みツルツルっと上位表示してしまう、一種のバグっぽい時期があったんですね。
もうこの時は「サブドメ天国」でした。

ただ、そんなバグは長くは続かず、Googleもあっという間に対策したんでしょうね。
もはや、これらのサブドメインでメインサイトを作っても、ドメインパワーだけで上位表示を果たせるような蜜月は終わっています。

ところが!
これ、私が今年(2021年)の5月にツイートしたんですが、サーバーのサブドメインでメインサイトを作ってもダメだけど、
サブドメインを被リンクに使う、バックリンクとして利用する分にはかなりのSEO効果があることに気付いちゃいました。

ホントか?
疑いたくなるお気持ちも分かりますが、本当です。

ちょっと実験をしてますので見てくださいね。

この実験は、全くの新規ドメイン(DAが0)のサイトに、レンタルサーバーのサブドメインからたった1本だけリンクを送るとどれだけDAが上昇するかという実験です。

はい、リンクを受けた新規サイトはこちら↓リンク受けサイトとあるジャンルのDVDの特化ブログです。(うふーん系ではありません)
右端のMOZ BARの数字でわかるように、DAが「7」になっています。

で、被リンクの本数は・・・
被リンクは一本

ほんでもって、リンク元は・・・

リンク元はさくらサーバー

つまり、このサイトが受けている被リンクは1本のみであり、そのリンク元は「さくらサーバー」が提供している「DA92」のサブドメイン「sakura.ne.jp」であることがお分かりいただけると思います。

つまり、たった1本の被リンクでかなりのドメインパワーを注入できる事がわかりますよね。

ちなみにこのサイト、DAが7ですが「●●●●DVD」のキーワードで見事1位をいただいております。
1位獲得
検索件数が「約 90,500,000 件」ありますので、それほどマイナーなキーワードでないことはお判りいただけると思います。

ま、被リンクパワーだけじゃなくて、私のコンテンツも素晴らしいからだ!ということにさせていただきましょう・笑

ということで、レンタルサーバーのサブドメインからリンクをもらうということは、SEO上で大きなメリットがあることは確かだ思います。

で、再び、どんな被リンクサービスなのか?

悪いクセで今回も前置きが長くなりましたが、この記事でご紹介する被リンクサービスはこちらです。

SEOストア→ SEOストア「本格雑記ブログ被リンクサーバーサブドメインVer.」

詳細はSEOストアさんのページをご覧いただければわかりますが、

もう一度概要をお伝えすると…

・リンク元は、サーバーがユーザーに提供しているサブドメイン
・リンクは買い切りで支払いは1回のみ。月額課金などは一切なし
・一度付けたリンクは、半永久的に削除されることはない
・被リンク1本の価格は4,000円~5,000円
・リンクを付けられる本数は1ドメインに対して最大10本

リンク元となるサブドメインは、レンタルサーバー10社が提供する

https://**********.xsrv.jp/
http://**********.e1.valueserver.jp/
https://**********.heteml.net/
http://**********.stars.ne.jp/
http://**********.rakusaba.jp/
http://**********.minibird.jp/
http://**********.ciao.jp/
http://**********.lsv.jp/
http://**********.extrem.ne.jp/
https://**********.sakura.ne.jp/

の10種類です。

上の実証実験で使った「.sakura.ne.jp」も、しっかり含まれています。

そして料金は、リンク元の記事の内容によって2種類あります。

・2000文字+画像3枚の場合リンク1本 : 4,000円
・3000文字+画像4枚の場合リンク1本 : 5,000円

個人的には、2000文字と3000文字にリンク効果を実感できるほどの差があるかどうか判断に迷うところなので、1本4,000円のプランでも十分なのかな?という気はしますが、ここはあなたのジャッジでご判断ください。
もちろん、1本からオーダーすることができます。

さらに、被リンク作業が終了した後、どのURLからリンクされているかは全て一覧で開示してもらえます。
自分のサイトがどんなブログのどんな記事からリンクをしてもらったか、すべてわかるというのも安心ですよね。

新規のサイトにこれらの被リンクを付けてスタートダッシュを図るというのもいいでしょうが、
個人的には、すでにある程度の順位まで上がってきてるんだけど、上位の強力なライバルを抜き去るためにもう一段の噴射が欲しい!というときに使いたいサービスです。

仮に5本注文した場合は20,000円。
アフィリサイトなら、案件の報酬によって元が取れるかどうかをじっくり判断していただきたいですし、
もちろんアフィリサイトだけでなく、自社や自社商品のサイトの場合、費用対効果がどうかをよくお考えになってみてくださいね。

ご利用者から感想をいただきました。

この「サブドメイン」のリンクサービスを利用していただいた「安井真守@ブロガー応援垢 @Blog_Warrior_」さんから、ツイッターのDMでうれしいご感想をいただいたので掲載させていただきますね!
安井さんのDM

本日、SEOストアから作業を完了したとの連絡があり、当該のページを見てみたら…

なんつー、完成度の高い記事ですか(°Д°;)!!
特に、依頼したアンカーテキストに対する各関連語の配置、網羅性が申し分ありません。

「本当に、この完成度の高さで一件4,000円でいいの!?」と、逆に申し訳なくなってしまいました。

今後数ヶ月、検索順位アップを待つのが楽しみです。
良いサービスを紹介して頂いて、ありがとうございました。

喜んでいただけて、本当によかった!

ありえない返金保証を付けていただきました。

ありえない

通常、こうした被リンクサービスではありえないことなのですが、SEOストアさんのご厚意で

・ソロモンからお申込みの方だけ【全額返金保証】付き

としていただけました。

被リンクだの、SEOだのは「効果があってもなくても運しだい」みたいに受け取られることも多いし、それを逆手に取って「効果がなくても責任は取れないよん」という業者さんがほとんどです。

いえ、誤解のないように言えば、SEOはどこまで行っても100%確実という手法なんてありませんから、決してそうした業者さんたちがインチキでも詐欺でもないわけです。
でもやっぱり、ユーザー側からすると、期待した効果が得られなくても「ま、SEOってそんなものなんで。チャンチャン」って言われちゃうと辛いですよね。

でも、今回SEOストアさんは、ソロモン経由のお申し込みに限って「全額返金」に応じて下さいます。
ちょっとビックリしました。

もしこのサービスに自信がなければ、この保証がSEOストアさんにとってどれだけリスキーなものかはわかりますもんね。

・返金の条件は以下のとおりです。

申し込みフォームのキャンペーンコード欄に「ソロモン」と記入
・申し込み本数は何本でもOK(1ドメイン当たり1~10本)
・リンクしてから6か月たっても順位上昇などの効果が認められない場合
→ 返金を求められる期間は「6ヶ月経過後~1ヶ月以内、つまり180日後~210日後までの期間)
・本格雑記ブログ被リンクサブドメイン(2000文字/3000文字)プランのみが返金保証の対象

となります。

申し込みフォームから申し込んだ後、SEOストアさんと詳細な打ち合わせができますので、まずはお気軽に申し込んでみてください。

また、返金保証の対象にはなりませんが「本格雑記ブログ被リンクサブドメイン」以外のプランに申し込む場合にも、キャンペーンコード欄には「ソロモン」と書いておいてくださいね。
ささやかですが、SEOなどについての疑問や不安などについてサポートさせていただきます。

SEOストアさんにお申し込み後、このブログのお問い合わせフォームから「SEOストアのサービスを申し込んだよ!」と知らせてくださいね。

SEOストアさんには数多くの被リンクプランがありますが、もっともお勧めは上記の

・本格雑記ブログ被リンクサブドメイン

その他にお勧めできるのは
・本格雑記ブログ被リンク独自ドメイン
・無料ブログ被リンク10本(500文字)

のプランですね。

その他はやや旧型のリンクになります。
SEOストアさんによると、旧型のリンクはリピーターの方が時々サテライト用などに利用されるようで、一応メニューとしては残しているそうですが、メインサイトにはあまりおすすめはできないとのことでした。

参考になさってみてください。

→ SEOストア「本格雑記ブログ被リンクサーバーサブドメインVer.」

ということで、安全性と効果性が高くて、全額返金保証もついた「SEOストア」のサブドメイン被リンクサービスをご紹介しました!

関連記事

  1. キーワード サイトのキーワードは「小さく生んで大きく育てる」お話。
  2. コンテンツSEO コンテンツSEOって、どこまで本当なのか?
  3. ペナルティーレッドカード ペナったサイトを効率よく復活させる方法
  4. バックリンク バックリンク(被リンク)を送るタイミングやペース
  5. CワードQ&A 「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&#…
  6. 被リンク サイトへ被リンクを送る時、どのページに送ればいいの?【Q…
  7. 被リンクSEO 「被リンクSEO」って今でも効果があるの?ないの?ペナらないの?…
  8. ミニサイトで強めの商標KWを勝ち抜く ライバルやや強めの商標キーワードを、3~5ページのミニサイトで勝…

人気のツール

  1. 悩む男性
  2. どっち?の女性
  3. 共起語ツール

人気の教材

  1. 中古ドメイン革命
  2. Googleの神

注目のサービス

  1. レンタルサーバーサブドメインのSEO効果
  2. アフィリエイト記事が書けない

Twitter でフォロー

PAGE TOP