SEO

Cワードってスキャットマンなどの被リンクシステムへの投稿記事に使えるの?

当サイトで
被リンクを供給するシステムとして
「スキャットマンPRO」と「AZセルフSEOシステム」をご紹介しています。
関連記事⇒ 月8,000円で超強力な「3,000以上のバックリンクサイト」を手に入れる方法

また、仮サイトをアップするための
仮の記事を作成してくれる共起語記事作成ツールとして
「Cワード」もご紹介しているわけなんですが・・・
関連記事⇒ 「Cワード」共起語文章作成ソフトを具体的にどう使うのか。

このブログの問合せフォームや
ツイッターのダイレクトメールでたくさんいただくご質問のひとつに

・Cワードの記事は、スキャットマンなどの被リンクシステムに投稿する記事として使えますか?

というものがあります。

ここでは、Cワードで作成したコンテンツがそうした被リンクシステムに
記事として投稿できるかどうか?についてお答えしていきます。

結論から申し上げますと・・・

残念ながらCワードで生成した記事を
スキャットマンなどの被リンクシステムに投稿する事は避けたほうが良いです。

システム的にはCワードでのコンテンツでも投稿できるのですが
その後管理者側から忠告があったり投稿記事の削除の措置などが取られます。

Cワードで作成したコンテンツは、
いわゆる「ワードサラダ」と呼ばれる部類のものになります。
サラダ

「ワードサラダ」とは?
日本語の「文法」としては成立しているけれど
「文章としての意味」は完全に破たんしている、自動で作成されたコンテンツのこと

やはり、ワードサラダについては、投稿を禁じているツールの管理者が多いですね。

個人的には、Cワードの記事でもしっかり上位表示を狙えていることを考えると
ワードサラダだから即、スパム記事になるとは思っていませんが、
管理者側からすれば、こうしたワードサラダ記事の投稿は
野放しにできないものなのは当然でしょう。

総合的にいって、ユーザー同士がシステムの質を守るという点では
ワードサラダの投稿禁止は正しい判断だろうと思います。

現実的には管理者の目に留まらなければスルーなのでしょうけれど
やはり、ユーザー全体でシステムの質を維持するという意味ではお勧めできない方法です・・・

レモン

ちなみにPSW(パーフェクトサテライトライター)ver.2で作成したコンテンツについては
スキャットマンなどへの投稿記事としてまったく問題なく使用できますし、
私もかなりの部分の投稿にPSW ver.2の記事に使っています。

スキャットマンは、自サイトへのリンクを入れた記事と
リンクを入れない記事を交互に投稿する仕組みになっています。

全ての記事から発リンクがあると、
ブログ自体のパワーが落ちるからですね。

つまり、自サイトへのリンクが貼れるのは
2記事に1記事ということになりますので、
スキャットマンを利用するにはそれなりの記事数が必要になります。

やはり、PSWのような
Cワード以外の記事作成ツールを用意するか
格安の外注記事を使うか、というのが現実的だと思います。

関連記事

  1. どっち?の女性 被リンクシステム「スキャットマン」「AZセルフSEO」どっちがい…
  2. Googleの「EEAT」にどう対策する?今後のSEOで知ってお…
  3. コンテンツSEO コンテンツSEOって、どこまで本当なのか?
  4. グーグルペナルティー 被リンクシステムなんて使って本当にペナルティーにならないのか
  5. fileover SEOチェキで「ファイルのサイズが大き過ぎます」って出ちゃったら…
  6. CワードQ&A 「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&#…
  7. UX サイトの「UX(ユーザーエクスペリエンス)」ってなに?最高のUX…
  8. アンカーテキスト SEO効果の高い、被リンク用「アンカーテキスト」の考え方

記事が書けないなら買っちゃう手が!

アフィリエイト記事.COM

人気のツール

  1. 【Q&A LSI Search】って何に使えばいいの?
  2. CワードQ&A
  3. ノートパソコン打ち込み

人気の教材

  1. Googleの神
  2. 中古ドメイン革命

注目のサービス

  1. レンタルサーバーサブドメインのSEO効果
  2. アフィリエイト記事が書けない

Twitter でフォロー

PAGE TOP