SEO

被リンクSEOに必要な心得は3つの『あ』

3つの「あ」

このブログの中でもご紹介しているように
私のサイト作成、そしてSEOの施策の中心となっているのは

1.「Cワード」で仮サイト(偵察サイト)をアップする。

2.「スキャットマン」のシステムを使って被リンクをつける

3.ある程度の順位(おおよそ20位台)が付いたら仮サイトに「正規コンテンツ」を載せ替える

4.さらに「スキャットマン」を使ってリンクをつける

5.上位表示達成!

という流れになるわけですが…あ、一応「Cワード」や「スキャットマン」をまだご存じない方のために
関連記事をご案内しておきますね。

Cワード

スキャットマン

「Cワード」や「スキャットマン」をご存じの方やすでにユーザーだという方は
このまま先を読み進めてみてくださいね。

今もリンクSEOは有効

で、今回のテーマは被リンクによるSEOを行う場合、
大切な「3つの『あ』」についてお話をさせていただこうと思うんです。

ありがたいことにこのブログをご覧いただいた方、
本当に大勢の方にCワードやスキャットマンをお申込みいただいています。

連日、ご購入者の皆さんからこれらのツールに関して、
効果的な使い方や疑問点などについてたくさんのご質問をいただき、
できる限りの回答とサポートをさせていただいているのですが、

やはり、はじめてリンクSEOに挑戦してみたという方たちの場合
どうしても検索順位の変動に一喜一憂してしまうことが多いんですよね。

せっかくいいところまで来ているのに、ちょっと順位が下がっただけで
「やっぱりリンクなんて大した効果ないな」って、2週間くらいであきらめてしまったり、
ほんの一時圏外へ飛んだだけで「うわ!ペナルティー喰らった!!!」と
心が折れたりめげたりしてしまうことも多いようです。

ここが折れる

でもね、これはある意味アフィリエイトサイトの宿命だったり、
リンクSEOの宿命でもあったりするわけですが、

検索順位が上位に出て、しかも安定する、というためには
ある程度の期間がどうしても必要なんですよ。

特に昨今のGoogleの順位変動の荒々しさには、
メンタルを振り回され、翻弄されまくっちゃうことも多いと思いますが、
現在においてもリンクのSEO効果はGoogle自身が一貫して認めているもの。

そう、リンクはSEOに効果があるのです。

中には「リンクは昔ほど効果がない」とおっしゃる方もいますが、
私は効果がなくなったのではなく、他の判定要素が増えたために
多少、リンクに対する評価の割合が下がったのかもしれないと判断しています。

もし「リンクは昔ほど効果がない」というのが事実だったとしても
「昔ほどなくても、あるにはあるんだから、やればいいじゃん」というのがへそ曲がりな私の結論です。

もちろん、下手なやり方をしてしまえば自演リンクはペナルティーの要因になるかもしれませんが、
少なくともこのブログ内でご紹介しているような方法とペースでリンクをつけている限り
リンクが原因でペナルティーになることはほぼないだろうと考えています。

現に私は、リンクが原因でGoogleから手動ペナルティーを受けたことは一度もありません。

前置きが長くなりました。

この後、リンクSEOに大切な「3つの『あ』」について
実例を交えながらご説明していきますので、リンクSEOの面白さをお楽しみください。

「3つの『あ』」その1

【あせらない】

リンクSEOに大切な「3つの『あ』」、1つめは「あせらない」です。

ちょっとこちらのサイトの順位の動きを見てください。
新規サイトにリンクSEOを施して上位表示させた一例です。

このサイトの順位の推移は、リンクSEOにおいてかなり理想的なパターンだと思います。
それでも、最初の順位が付くまで(100位圏内に入るまで)約1か月半を要しています。

もちろん、スペックの高い中古ドメインを使えばもっと短期間で順位もつくでしょうが、
この場合は新規ドメインを使っていますのでどうしてもある程度の期間が必要です。

スキャットマンで被リンクを12本つけたところで順位が付き始めています。

理想的なパターンでもランクインまで1か月半ほどはかかっているわけで
中には半年以上リンクを送り続けてようやく圏内に入ってくる、というようなケースもあります。

逆に言えば、少々時間がかかったとしても
ほぼ確実にリンクの力で上位に持っていける可能性があるということです。
(もちろんキーワード選定が誤っていなければ、ですが)

順位が付くのは1、2週間では難しいことが多いです。
まずは「あせらない」ことが一番大切ですね。

「3つの『あ』」その2

【あわてない】

リンクSEOに大切な「3つの『あ』」、2つめは「あわてない」です。

最近のGoogleは、一旦順位が付いた後も日々の順位変動がかなり激しく、
圏内と圏外を行ったり来たりしたり、上位と下位を交互に繰り返すなどしますね。

まともに付き合ってると、メンタルがガサガサになってしまうような状況で
特に圏外に落ちた時などは「あ、もしやペナルティーを喰らってしまった!!!???」とついつい慌ててしまうものですよね。

でもね、近頃のGoogleは、リンクだけでペナってしまう可能性は極めて低いです。

特に新しいドメインは順位が安定するまで時間がかかりますので
たとえ大幅に順位が下がったり、圏外に落ちるようなことがあったとしても
あわてることなく、冷静に対処していきましょう。

一旦圏外に落っこちてるものの、コツコツとリンクを送り続けて回復している例です。

こちらは、乱高下を繰り返しているけれど、リンクをつけ続けて安定方向へ向かう例です。

「3つの『あ』」その3

【あきらめない】

リンクSEOに大切な「3つの『あ』」、3つめは「あきらめない」です。

ま、これが一番肝心なことなんですけれどね。

・どんなに順位が付くのに時間がかかろうとも
・どんなに乱高下してメンタルを揺さぶられようとも

リンクをこつこつと送り、そしてタイミングを見て
きちんとしたコンテンツをアップしてやることさえできれば何とかなるでしょ…
という、決して簡単にはあきらめないマインドってのが大事ですね。

下の例は、上位が狙えるポジションに上げるまで
5ヵ月もかかったケースなのですが、いや、こういうサイトの達成感は半端ないですよ。

新規のサイトに関しては、最低でも「3か月、30リンク」。
ここまでは諦めることなく、じっくりとリンクSEOに向き合ってくださいね!

諦めず激闘5ヵ月。いいとこまでようやく来たね…という例

ということで、ちょいと気の長いリンクSEOの世界、お楽しみいただけましたでしょうか。

果報は寝て待て

まぁ「果報は寝て待て」・・・あ、いや、寝てちゃだめですけれど
「あせらず、あわてず、あきらめず」コツコツとリンク送りをしていると道は開けることが多いです。

当ブログから「Cワード」や「スキャットマン」をお申込みいただいた方は
ソロモンが全力でサポートさせていただいています。

Cワード公式サイト
スキャットマン公式サイト

またスキャットマンには「ソロモン特典」をご用意していますのでそちらもご活用くださいね。
スキャットマン「ソロモン特典」のご案内

申し込み後、ツイッターのDMまたはリプ、
あるいはこちらのお問い合わせフォームから
インフォトップの【注文ID】とともにご連絡ください。

関連記事

  1. Cワードってスキャットマンなどの被リンクシステムへの投稿記事に使…
  2. CワードQ&A 「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&#…
  3. 中古ドメイン革命 【中古ドメインの教科書】「中古ドメイン革命」が内容のわりに安すぎ…
  4. YMYL YMYLで吹っ飛んだサイトに復活はないのか?
  5. スキャットマンやAZセルフSEOは「訳ありサイト」のインデックス…
  6. V字回復 Googleアップデートで順位低下したサイトの順位を回復させる6…
  7. 被リンク サイトへ被リンクを送る時、どのページに送ればいいの?【Q…
  8. 画像とSEO サイト・記事の「画像」ってSEOに関係あるのかな?
PAGE TOP