SEO

被リンクシステム「スキャットマン」「AZセルフSEO」どっちがいい?

どっち?の女性

この記事では、このブログでご紹介している
2つのSEO用被リンクシステム
「スキャットマン」と「AZセルフSEO」のどちらがいいのか?

というテーマでお届けしていきます。

実は、このご質問はツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でも
度々いただくご質問でもあるんです。

確かに迷うところ、ですよね。

私が現在使用している月額制のバックリンクシステムは、
こちらの記事でもご紹介しているように

・スキャットマンPRO特別版
・AZクリエイト セルフSEOプログラム

の2つです。

どちらも、数年にわたって日々バリバリと使ってきて
インデックスの促進や、被リンク効果などを
充分実感できるレベルで感じています。

こうしたシステムの場合、
なによりもスパム判定受けないことが
最大の要件といえると思いますが、

その点でも、私自身
一度も手動ペナルティーの要因になったことがないので
安心してご紹介できているポイントでもあります。

それぞれのシステムの
メリットとデメリットについてお伝えしておきますね。

「スキャットマン」「AZセルフSEO」の比較

スキャットマン

スキャットマンPRO

なぜかちょっと怪しい「スキャットマンPRO」のバナー

初月費用 5,490円/月額課金 3,490円

・投稿対象ブログ

ワードプレス(中古ドメイン)
無料ブログ
(ランダムに投稿される)

・メリット

・比較的コストが安い
・ワードプレスと無料ブログに投稿できる
・投稿数に制限がない
・退会後も投稿した記事は削除されない(リンクパワーが残る)
ランクがレジェンドになると月額利用料金が「タダ」になる
(残念ながらレジェンドの「使用料無料特典」は終了しました)
・比較的動作が軽い

・デメリット

・2記事に1記事しか自サイトへのリンクを貼れない
・どのブログに投稿されたか分からない
・1リンクごとのパワーはやや弱い

AZクリエイト セルフSEOプログラム

AZセルフSEOシステム

AZセルフSEOシステム

初月費用 4,980円/月額課金 4,980円

・投稿対象ブログ

ムーバブルタイプ(中古ドメイン)

・メリット

・全投稿記事に自サイトへのリンクを貼れる
・1ブログ30記事しか入れられないのでリンクパワーが強い
・投稿したブログが確認できる

・デメリット

・ややコストが高い
・投稿先がMTしかなく、リンクの多様性がない
・3000記事までしか投稿できない
(それ以上は追加契約が必要)
・退会後は投稿した記事が削除される(リンクパワーを失う)
・比較的動作が重い

それぞれにメリット、デメリットはありますが
どちらもペナルティー回避の安全性、
肝心のSEO効果に優劣はないものと実感しています。

結局どちらがいいのか?

どちらがいいのか

よく訊ねられる
「スキャットマン」と「AZセルフSEO」のどちらがいいのか?

というご質問に対しては
私はひとまず「最初はスキャットマンを選んでみてはどうですか?」と
お勧めしています。

これは、AZセルフSEOシステムが
ムーバブルタイプ(MT)のブログにしか投稿できないのに対し、
スキャットマンはワードプレス(WP)と無料ブログへの投稿ができるため
リンクバラエティー(リンクの多様性)が確保できる点を評価しているからです。

もし、自分のサイトへのリンクがほとんどMTブログからのものであれば
これはきわめて不自然なリンク構造になってしまいますよね。

でも、スキャットマンなら、WPブログからはもちろん
多彩な無料ブログからもリンクを受けることができるため
非常に自然なリンク構造を得ることができます。

Googleは、リンクの多様性をしっかり見ていますし、評価の対象にもしています。

もしあなたが、すでに自前のリンクの仕組みを持っていて
さらにリンクバラエティーを充実させたいというのであれば
AZセルフSEOはとてもメリットが大きいといえます。

結論としては、
「まずスキャットマン、次がAZ」ということでいいのではないかと思います。

私のアフィリエイター仲間も、まずはスキャットマンのみで成果を上げていますので。
ご参考になれば幸いです。

あ、そうそう、
このブログから「スキャットマン」をお申し込みの方には
こちらの「特別ランクアップ特典」もご用意していますので
どうぞご利用くださいね。
スキャットマン「特別ランクアップ特典を確認する」

スキャットマン
AZクリエイト セルフSEOプログラム

【関連記事】
月8,000円で超強力な「3,000以上のバックリンクサイト」を手に入れる方法

関連記事

  1. 画像とSEO サイト・記事の「画像」ってSEOに関係あるのかな?
  2. キーワード サイトのキーワードは「小さく生んで大きく育てる」お話。
  3. 中古ドメイン革命 【中古ドメインの教科書】「中古ドメイン革命」が内容のわりに安すぎ…
  4. 被リンクSEO 新規のサイトにはどれくらいの数の被リンクを送って大丈夫なの?
  5. ノートパソコン 「Cワード」共起語文章作成ソフトってどんな時に使うの?
  6. 被リンクSEO 「被リンクSEO」って今でも効果があるの?ないの?ペナらないの?…
  7. Cワードってスキャットマンなどの被リンクシステムへの投稿記事に使…
  8. fileover SEOチェキで「ファイルのサイズが大き過ぎます」って出ちゃったら…
PAGE TOP