SEO

「Cワード」共起語文章作成ソフトってどんな時に使うの?

ノートパソコン

さて、他の記事でも触れている「Cワード」というツール。

「共起語文章作成ソフト」と名付けられています。

「共起語」っていうのは、簡単に説明してしまえば
その名のとおり、狙ったキーワードに対して「共に起きてくる言葉」。

例えば「薄毛」という言葉を考えた場合、
それに関連して思い起こされる言葉ってたくさんありますよね?

「ハゲ」「抜け毛」「育毛」「発毛」「シャンプー」「育毛剤」
「脱毛」「美容院」「白髪」「頭皮」「頭髪」「洗髪」…

ま、こんな感じでキリがないんですけれど、

検索エンジンは、そのコンテンツにキーワードが含まれていることはもちろん、
こうした共起語が含まれていることを評価するといわれています。

この点に「Cワード」は目を付けて、
キーワードだけでなく、共起語をふんだんに取り込んだ文章を
機械的に吐き出してしまう、というツールなんです。

■どんな時に「Cワード」を使うのか?

お世辞にもオシャレとはいえない「Cワード」の起動画面。起動するのにそこそこ時間がかかります…

 

私がこの「Cワード」をどんな時に使っているかというと

  1. 新規サイトの立ち上げの際
  2. 中古ドメインサイトの立ち上げの際
  3. ペナったサイトのドメイン載せ替えの際
  4. イマイチ順位が上がらないサイトへのテコ入れ

といったケースです。

「ドメイン載せ替え」以外はいずれも、
狙ったキーワードで新たなコンテンツを書かなきゃいけないわけですが、

頭を抱える男性


・せっかくコンテンツ書いても、検索順位が上がらなければムダになっちゃう
・中古ドメインがポンコツで、上がってこないかもしれない
・外注に記事を頼むにしても、上がってこなければコストがムダになる


こうした「労力と時間とカネ」のムダを避けるために
「Cワード」を活用しています。

つまり「Cワード」は、コストをかけずに、一瞬にして
キーワードと共起語をたっぷりと含んだコンテンツを
大量に吐き出してしまうという、恐ろしい(悪魔のような)ツールです。

では、すでに「旧コンテンツ」が存在している
ドメイン載せ替えの際になぜこのツールを使うか?ですが、

その点については後ほどお伝えしようと思ってます。

■「Cワード」の操作

「Cワード」での記事の作成方法の簡単にお伝えします。

操作方法のほとんどは、
販売ページの方でかなり細かく説明されていますので、
ここでは流れのみお伝えすることにしますね。

手順としては、いたってシンプルです。

・自分が狙っているキーワードをGoogleで検索する
・検索上、一番上位にいるサイトのURLをコピーする

最近は、検索の上位をアマゾンや楽天などが占めるケースがありますが、
そうしたものは除き、
アフィリサイトやそれに準ずるサイトで最上位のものを選びます。

続いて

「SEOチェキ」のキーワード出現頻度にURLをペーストし調査する
・それらの単語を「Cワード」に貼り付けて記事を生成する

という手順になります。

仮に「薄毛 シャンプー」というキーワードで狙う場合をやってみますね。

■手順1

薄毛

「薄毛 シャンプー」の検索結果

■手順2

SEOチェキ

1位のサイトのURLを「SEOチェキ」の「キーワード出現頻度」でチェック!

■手順3

seocheki02

これが出現するキーワードの調査結果

■手順4

c-word01

抽出されたワードを「Cワード」に貼り付けて…

■手順5

c-word02

あとは、右下の共起語文生成ボタンを押すだけ

そして、生成された文章の一部が以下のようなものです。

バラエティに出る子役ってそういないので、すっかり覚えてしまったんですけど、
シャンプーはすごくお茶の間受けが良いみたいです。
シャンプーなどでは、「あ、この子わかってるな」って思うくらいキレッキレの受け応えをしていて、
シャンプーも気に入っているんだろうなと思いました。

頭皮の時も時代の寵児みたいな感じでしたが、薄毛の良さは子供だからこそで、
改善に伴って人気が落ちることは当然で、ミノキシジルになった「子役」の需要は世間的に見て少ないと思います。
効果のような例外を除けば、たいていの子役は学業に専念とか理由をつけて引退するのではないでしょうか。

予防だってかつては子役ですから、薄毛は短命に違いないと言っているわけではないですが、
ニゾラルが芸能界にいつづけることは、単に演技を磨くだけでは難しいでしょう。

テレビ番組に出演する機会が多いと、地肌だろうとお構いなしにタレント並の取材陣が群がり、
シャンプーや別れただのが報道されますよね。ミノキシジルというとなんとなく、
髪もうまく回っているのだろうと想像しがちですが、ホルモンと実際の薄毛というのは、
いくら想像してもはかれないところがあるのだと思います。
覇王で思うことをそのまま実践するのは誰だって難しいです。

こうして「Cワード」から吐き出された記事は、
そのキーワードで検索上位にてでいる記事と、
同じ割合で「共起語」が盛り込まれています。

これは、もともと「Cワード」が持っているひな形の文章に、
単語を置き換える形で共起語を挿入しています。

なので、人間が読むとなんとも違和感たっぷりの
不快な文章になっているのですが、

Googleから見ると「いい感じ~♪」のコンテンツになっているわけですね。

このあたり、G様のAIも日本語の読解力は
イマイチ「アホ」不完全ってことです。

こんな文章でも、キーワード選定が間違っていなければ
どーんと上位に出る可能性があるわけです。

順位上昇

このブログから「Cワード」を購入してくださった「KUU」さんも好調ですね!

通常ならば、こうした記事の作成は
自分の時間を費やすか、コストをかけて外注することになりますから、

Cワードで「時間」「コスト」を大幅に節約できることは
日頃のサイト作成のストレスを大きく軽減してくれるものと思います。
(ランニングコストはゼロです)

Cワードの公式サイトはこちら

さて、「Cワード」が吐き出した記事を実際にどう使うか?
気になる方もいると思います。

こちらのページで使い方をご紹介していきます。
「Cワード」共起語文章作成ソフトを具体的にどう使うのか。

【関連記事】
「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&A】

関連記事

  1. 悩む男性 Cワードで作成した共起語記事が「長すぎる!文字数多すぎ!」と感じ…
  2. アンカーテキスト SEO効果の高い、被リンク用「アンカーテキスト」の考え方
  3. 画像とSEO サイト・記事の「画像」ってSEOに関係あるのかな?
  4. CワードQ&A 「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&#…
  5. 中古ドメイン革命 【中古ドメインの教科書】「中古ドメイン革命」が内容のわりに安すぎ…
  6. コンテンツSEO コンテンツSEOって、どこまで本当なのか?
  7. ペナルティーレッドカード ペナったサイトを効率よく復活させる方法
  8. SXO SXOの時代だから「被リンクSEO」は意味がない!?
PAGE TOP