SEO

スキャットマンやAZセルフSEOは「訳ありサイト」のインデックス促進にも有効

「スキャットマン」「AZセルフSEOシステム」などの被リンクシステムを
何のために使うのか?といえば、これは当然

・被リンクによるSEOパワーを得るため

というのが第一の目的であるのですが、

それだけでなく「インデックスの促進」というのも
重要な使用目的であるわけです。

サイトをインデックスさせる意味

インデックス
これは言うまでもないことでしょうけれど、
通常、作ったばかりのサイトやブログ記事は
どこからもリンクを受けないでいれば、
クローラーが訪問してくれないわけですから完全に「陸の孤島」状態。

永久にGoogleにインデックスされることはありません。

そして、インデックスされていないサイトは
「この世に存在していない」のも同然のサイトということになります。

GoogleもWebの管理者に対して
「サイトをアップしたら、まずはクローラーを呼び込むように
インデックスされている他のサイトからリンクしてもらいましょう」
と言っているわけで、
この点については「自演リンク」を認めているわけですよね。

で、自サイトをGoogleにインデックスしてもらうためには
なんらか他のサイトがリンクを受けるか

通常は、Googleのサーチコンソールに登録して
「URL検査」を申請して、インデックスしてもらう必要があるわけです。

かつては「Fetch as Google」と呼ばれていたインデックス登録作業ですね。

「URL検査」については、
こちらの「北っち」さんの記事がとてもわかりやすいです。

「訳ありサイト」をサーチコンソールに登録すると・・・

サーチコンソール
ただ…「サーチコンソール(通称:サチコ)への登録は
ひとつだけ問題といいますか、懸念される点があるわけです。

というのは、私が新規サイトのアップの際に多用している、
「Cワード」のような自動記事作成ツールで
「日本語として意味不明」なコンテンツを作成し
そのサイトをサチコに登録した場合、

Googleからの目視を受けて「低品質なコンテンツ」とみなされ、
なんらかのペナルティーを受ける危険性が拭えないわけです。

そりゃも、目視されたらアウトですよね。
「低品質にもほどがあるっちゅうねん!」なコンテンツなんですから。

なので、

個人的にはCワードで作ったような
「訳ありサイト」をサチコに登録することはお勧めしていませんし、
私自身も出来る限り避けるようにしています。

また、仮にCワードで作ったようなコンテンツでなくとも
ひとつのアカウントのサーチコンソールに複数のサイトを登録した場合、

ひとつのサイトが何らかのペナルティーを受けた時に
他のサイトも「芋づる式」にペナルティーになる危険は今も昔も変わりません。

アフィリエイターにとってサチコ登録は
便利さとリスクの両面を考えなくちゃなりませんね。

もし、サチコ登録を避けるとすれば、
新規のサイトをインデックスさせるためには
「すでにインデックスされている他のサイト」からリンクをもらうのが
唯一の方法ということになるわけですね。

「訳ありサイト」+「被リンクシステム」


サイトをアップした時点で
「スキャットマン」「AZセルフSEOシステム」などの
被リンクシステムを使ってリンク送りすれば、
すばやいクロールの訪問を促すことができますし、
そのままSEOのスタートダッシュ効果を得ることもできます。

もちろん「サーチコンソール登録→URL検査」のように
即時インデックス!というわけにはいきませんが

最近のGoogleはクローラーを巡回させるスビートが
飛躍的に上がってきてていますので、
比較的早い時期にしっかりとインデックスされていきます。

最近だと、リンクを入れてから
2,3日程度でインデックスされていることが多いですね。

あ、ご存知だとは思いますが、念のために。
サイトがインデックスされているかどうかは

検索窓に「site:サイトのURL」と打ち込めば分かりますからね。

ということで、
「スキャットマン」「AZセルフSEOシステム」といった被リンクシステムは

・被リンク効果
・インデックスの促進効果

という2つの点で使い勝手が優れていると思います。

あと、せっかく買った中古ドメインが、
いまいちパワー不足で上がりきらないって時に

援護射撃でリンク入れしてやれる体勢を持っているのは
やっぱり心強いものですからね。

スキャットマン
AZクリエイト セルフSEOプログラム

関連ページ
被リンクシステムについて→ 月8,000円で超強力な「3,000以上のバックリンクサイト」を手に入れる方法
・Cワードについて→ 「Cワード」共起語文章作成ソフトってどんな時に使うの?

関連記事

  1. バックリンク バックリンク(被リンク)を送るタイミングやペース
  2. 被リンク サイトへ被リンクを送る時、どのページに送ればいいの?【Q…
  3. 悩む男性 Cワードで作成した共起語記事が「長すぎる!文字数多すぎ!」と感じ…
  4. fileover SEOチェキで「ファイルのサイズが大き過ぎます」って出ちゃったら…
  5. キーワード サイトのキーワードは「小さく生んで大きく育てる」お話。
  6. アンカーテキスト SEO効果の高い、被リンク用「アンカーテキスト」の考え方
  7. CワードQ&A 「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&#…
  8. グーグルペナルティー 被リンクシステムなんて使って本当にペナルティーにならないのか

人気のツール

  1. ノートパソコン
  2. CワードQ&A
  3. 【Q&A LSI Search】って何に使えばいいの?

人気の教材

  1. 中古ドメイン革命
  2. Googleの神

注目のサービス

  1. レンタルサーバーサブドメインのSEO効果
  2. アフィリエイト記事が書けない

Twitter でフォロー

PAGE TOP