ツール

Cワードで作成した共起語記事が「長すぎる!文字数多すぎ!」と感じたら?

悩む男性

意外なほど数多くいただくご質問に
「Cワードで記事を作成すると、文字数が多すぎて使いにくいんですがどうすればいいですか?」
…というものがあります。

そうですよね。

Cワードは、主に新規にサイトを立ち上げる際、
ドメインのパワーやキーワードの難易度を測るための
「仮サイト」「偵察サイト」の記事を作成するために使います。

文字の羅列

別の記事でもお話していますけれども
私はCワードでサイトをアップする際、
ペラサイトなら6,000文字程度、
ミニサイトであれば、トップページが6,000文字、
下層の記事ページは3,000~4,000文字くらいを想定しています。

もちろんライバルサイトの文字数も気にならないわけじゃないですが
最近のGoogleは、以前のように文字数さえ多ければOK、みたいな判断が減ってきたので
だいたいこの程度の文字数があれば初期サイトとしては充分なんじゃないかと考えています。

さて、Cワードで作成される共起語文章の文字数ですが・・・
「SEOチェキ」などでキーワードを抽出し、Cワードにセットして
そのまま「共起語文章作成」ボタンを押してしまうと
15,000文字くらいの長い記事が出来ちゃいます。

ま、これは正直使いにくいです。

頭を抱える男性

1ページで15,000文字ってのはちょっと多いですよね。

もちろん、適当に途中でぶった切って使ってもいいのですけれど、
共起語が全体に均等に散らばっているとは限らないので、
変なところでぶった切ってしまうと、共起語の配合比率がくるってしまう可能性があります。

なので、私が皆さんにお勧めしているのは「回数少」ボタンを使うことです。

ボタンを押す

「回数少ボタン」って別に裏ワザでもなんでもなく
ちゃんと取説には書かれている機能なのですが、

そもそも取説を読まない方が多いようで(笑)…
また、「回数少」ボタンをどんな目的で使うのかまでは説明書には書かれていないので
あまり使用するシーンをイメージできないということもあるかもしれませんね。

ということで、一応操作は…

1.キーワードを貼り付けて
Cワード貼り付け

2.回数少ボタンを押す
回数少

3.キーワードの出現回数が最大で「10」になる
回数減った

といたって、簡単な話です。

このボタンを押してから文章作成をすると
大体1500文字前後の使いやすい長さの記事が出来ます。

「回数少」にしても、SEO的な精度に問題はありません。

これで、ペラサイトなら
4見出し×1500文字の記事で6000文字程度のものを
アップするように心掛けています。

Cワードでサイトをアップする時点で
あらかじめ見出しはある程度決め込んでおいた方がいいですね。
h2/h3があると、Cワードの記事でも
検索エンジンは高く評価してくれる傾向がありますので。

もちろん正規の記事では文字数が増減しますが、
6000文字あれば偵察サイトとしての働きはほぼ問題ありません。

初動で40位以内くらいに入ってくれば合格点として
正式化に向けて作業を進めていきます。

●Cワードの公式サイトはこちら

関連記事

  1. バックリンク 月8,000円で超強力な「3,000以上のバックリンクサイト」を…
  2. どっち?の女性 被リンクシステム「スキャットマン」「AZセルフSEO」どっちがい…
  3. 【ドメイン転生】原価で買える良質な中古ドメインを大量に調査・精査…
  4. CワードとPSW CワードとPSW(パーフェクトサテライトライター)はどう違う?使…
  5. fileover SEOチェキで「ファイルのサイズが大き過ぎます」って出ちゃったら…
  6. グーグルペナルティー 被リンクシステムなんて使って本当にペナルティーにならないのか
  7. スキャットマンに関するQ&A スキャットマンへの記事投稿に関する「よくある質問・疑問」
  8. 3つの「あ」 被リンクSEOに必要な心得は3つの『あ』
PAGE TOP