SEO

バックリンク(被リンク)を送るタイミングやペース

バックリンク

被リンクSEOをするうえで、
いうまでもなく最も重要なことは、

ターゲットサイト(順位を上げたいサイト)に対して、
サテライト(衛星)サイトからリンクを送ること。

月に8桁稼ぐようなスーパーアフィリエイターは
「中古ドメイン+ワードプレス」のサテライトブログを数十~数百も作って、
強力なバックリンク群を自前で用意する…ってことがあるようですが。

それだけのバックリンク群を構築するコスト、
維持するコスト、管理する手間…

そうしたことを考えれば、ハッキリ言って、
とても個人レベルのアフィリエイターがやれるような芸当じゃあありません。

まぁ、そこまでのコストと手間、労力をかけられるからこそ
8桁稼げるようなスーパーなお方になれるわけですが。

さて、私はといえば

とてもそんなことができる環境にもありませんし、
なにより、根気や管理能力がない!!!

もー、絶対に無理!!!

というわけで、こちらのページでもご紹介しているように
2つの共用リンクシステムを利用して
日頃のリンクSEOを行っています。

というか、基本的に
それ以外のリンクSEOはしていません。

さて、そんなわけで(どんなわけだ!?)
ツイッター内でも、リンクSEOや共用リンクシステムについて
つぶやくことが多いので、

リンクの入れ方(ペースやタイミング)について
ダイレクトメッセージ(DM)でお問合せをいただくことが多くなりました。

誰しも、被リンクSEOをやるにあたって一番恐れるのは
検索エンジンから「不自然なリンク」として
ペナルティーを受けることだと思います。

この記事では、私なりの被リンクのルールについてまとめていきたいと思ってます。
ご参考になれば幸いです。

●バックリンク(被リンク)は、アップと同時につけて大丈夫?

私は、サイトをアップ(公開)したと同時に
3~4リンクを送ることにしています。

この程度でペナルティーを受けることはありませんし、
これくらい付けないと、検索エンジンに対して
インデックスを促すことができないと考えています。

「公開と同時」ということに抵抗を感じる方がいるかもしれませんが、
これくらいの数でしたら問題が起きることはまずありません。

言い忘れましたが、私は被リンクが原因で
Googleから手動ペナルティーを受けたことは一度もありません。

●バックリンク(被リンク)を送るタイミングとペースは?

ペナルティーを受けることなく
安全にリンクを送っていくペースに関して言えば、

私は

「1週間に2~3リンク」
「1ヶ月に10~12リンク」

というルールを設けています。

異論のある方もいらっしゃるでしょうが、

それほど上位にいるわけでもないサイトに
これ以上のペースでリンクがついていくのは不自然に思えますし、

これ以下のペースだと、検索エンジンに対して
「このサイトがアクティブだよ」と伝えることが難しいと感じています。

●サイトが圏外(100位以下)の時もリンクを入れていいの?

これについては、結論から言えば「イエス」です。

サイトがまだ圏外にいる間にリンクを付けておくと、
圏内に入ったあとの順位のあがり方が違います。

上の項のペースで入れていく分には、
圏外のうちにも、是非リンクは送るべきだと考えています。

seo

●中古ドメインサイトへのリンクの入れ方は?

ターゲットサイト(順位を上げたいサイト)が中古ドメインであっても
上記のルールで被リンクを付けていけば問題ないと思います。

すでに被リンクがついているのが中古ドメインですが、
アップ時に付ける被リンクは、リンクパワーをつけるというよりは
インデックスを促進する意味で必要ですね。

また、中古ドメインはアップしてからの2週間~1ヶ月程度
順位が大きく暴れることが多いです。

これは、かつてのサイトの内容と
現在のサイト内容が大きく変更されているため、
検索エンジンが評価を迷っている時期だと考えられます。

そうした間に被リンクを送ってやることで
少しずつ評価を安定させる効果が見込めます。

●バックリンクを送るタイミングやペースのまとめ

ここまで被リンクをつけるタイミングやペースについてお伝えしましたが、
言うまでもなく、私はGoogleの中の人ではありませんので
これが「正解」かどうかは分かりません。

あくまでも、これまで数百のサイトで被リンクSEOを試し、
経験的に得た実感でお伝えしているにすぎません。

信じるか、信じないかは、あなた次第です!(笑)

私自身は、当面このルールで被リンクSEOを続けていくつもりです。

関連記事⇒

月8,000円で超強力な「3,000以上のバックリンクサイト」を手に入れる方法

関連記事

  1. CワードQ&A 「Cワード」共起語文章作成ソフトの効果的な使い方と疑問点【Q&#…
  2. ミニサイトで強めの商標KWを勝ち抜く ライバルやや強めの商標キーワードを、3~5ページのミニサイトで勝…
  3. CワードとPSW CワードとPSW(パーフェクトサテライトライター)はどう違う?使…
  4. fileover SEOチェキで「ファイルのサイズが大き過ぎます」って出ちゃったら…
  5. スキャットマンやAZセルフSEOは「訳ありサイト」のインデックス…
  6. アンカーテキスト SEO効果の高い、被リンク用「アンカーテキスト」の考え方
  7. SXO SXOの時代だから「被リンクSEO」は意味がない!?
  8. YMYL YMYLで吹っ飛んだサイトに復活はないのか?

人気のツール

  1. 被リンク
  2. バックリンク

人気の教材

  1. Googleの神
  2. 中古ドメイン革命

注目のサービス

  1. レンタルサーバーサブドメインのSEO効果
  2. アフィリエイト記事が書けない

Twitter でフォロー

PAGE TOP